イベント情報

刈谷市民大学講座(後期)

大ホール 2月24日(金) - 3月22日(水)

刈谷市民大学講座(後期)
このイベントは終了致しました。
■時間

第1回 鎌田實
「生きているってすばらしい~命・健康・絆・希望が大切~」
2月24日(金) 18:30開演(18:00開場)

第2回 谷田大輔
「日本を健康に!!~タニタに学ぶ人生のレシピ」
3/22(水) 18:30開演(18:00開場)

■料金

2回合わせて1,000円(全席自由・税込)

■発売日

11月27日(日)10:00~

■主催

刈谷市・刈谷市教育委員会・刈谷市総合文化センター(指定管理者:KCSN共同事業体)

■お問い合わせ

刈谷市総合文化センター 0566-21-7430

公演内容
~健康を切口に、より良い生き方を考えよう!~
好評発売中!当日券も販売いたします。

講師・内容

第1回 鎌田實  「生きているってすばらしい~命・健康・絆・希望が大切~」

日時:2月24日(金) 18時30分開演 (18時開場)
講師:鎌田實(医師・作家)
東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県・諏訪中央病院へ赴任。30代で院長となり、潰れかけていた病院を再生させた。
そこで実践した「健康づくり運動」で、長野県はいまや長寿日本一、医療費も安い地域となった。また、「イスラム国」が暴れ、空爆が行われているイラク北部の都市アルビルを拠点に、難民キャンプでの診察を続ける傍ら、東北の被災者支援にもいち早く取り組み、多方面で精力的な活動を行っている。

内容:医師として病や命と向き合い、さらに作家としても数々の社会問題に取り組んできた鎌田實氏が考える、生きる上での大切な事とは・・・?きっと人生をポジティブに見つめ直すきっかけになるはずです。


第2回 谷田大輔 「日本を健康に!!~タニタに学ぶ人生のレシピ」

日時:3月22日(水) 18時30分開演 (18時開場)
講師:谷田大輔(株式会社タニタ 前代表取締役社長・経営コンサルタント)
1966 年、谷田製作所(現: 株式会社タニタ) に入社。 取締役開発部長等の要職を経て、1985 年に株式会社タニタ代表取締役社長に就任。世界初の家庭用体脂肪計・体組成計を開発・販売し、赤字状態だった同社を、ヘルスメーター売上世界No.1 企業へと成長させた。在任中は海外主要国にて会社設立、代表も経験。タニタ総合研究所の所長を務めた。

内容:ヘルスメーターや国民的ブームとなったタニタ食堂を通じ「健康」の大切さを伝えてきた企業・タニタ。そのタニタを世界ナンバーワン企業へ成長させ「タニタの社員食堂」を作った経営者・谷田大輔氏による講演会!



チケット取扱

刈谷市総合文化センター窓口 10時~21時(電話受付不可)
刈谷市総合文化センターHP(ネット会員登録必要・無料)
アピタ刈谷店サービスカウンター
刈谷駅前観光案内所
チケットぴあ 電話:0570-02-9999 【Pコード990-679】
(お近くのチケットぴあスポット、サークルK・サンクス、セブンイレブンで直接お買い求めいただけます。)

○未就学児入場不可
○受講券の払い戻しはできません。
○チケット購入時に別途、手数料が必要になる場合があります。
○車いす席をご希望の方は、刈谷市総合文化センターまでお問い合わせください。
○手話通訳、パソコン要約筆記を実施します。(申込不要)
○各回定員1,500人

☆未就学児のお子様は入場できませんが、臨時保育室(カンガルールーム)を設けます。☆
 《臨時保育室(カンガルールーム)申込方法》
  受付期間:12月11日(日)まで
  対象:刈谷市内在住、在勤、在学の方
  定員:各回20名程度(開催時、生後6カ月~未就学児までとし応募者多数の場合は抽選とします。)
  申込方法:メール(event@kariya.hall-info.jp)、または窓口にて下記①~④の情報をご記入の上お申し込みください。
  ①講座名・開催日
  ②受講者の住所、氏名(フリガナ)、電話番号
  ③託児希望のお子さんの住所、氏名(フリガナ)、生年月日、性別
  ④勤務先もしくは学校名(市内在勤、在学の方のみ)
 
  抽選結果は申込締切り後に連絡いたします。




刈谷市総合文化センター

■住所

〒448-0858
愛知県刈谷市若松町2-104
TEL:0566-21-7430
FAX:0566-21-7440
mail:info@kariya.hall-info.jp

■受付時間

施設利用受付:9時~22時
チケット販売受付:10時~21時

■休館日

毎月第1月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
その他施設設備の保守点検等で臨時
休館する場合があります。

モバイル版刈谷市総合文化センター

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated
(アドビシステムズ社)の
Adobe(R) Reader(R)が必要です。